薄毛を予防する食生活

薄毛を予防する食生活はとても大事です。薄毛は食生活と大きく関係していて、髪や頭皮にもしっかり栄養を運んでやらないといけません。髪に悪い食べ物を避け、髪に良い食べ物を摂るようにすることが、薄毛を予防することにつながります。そうすると、体の内側から発毛体質へと変わることができます。

髪に悪い食べ物には、炭酸飲料やビールなどの刺激物、揚げ物やラーメンなどの脂っこい食べ物、栄養バランスの悪いファーストフードなどがあるので、これらはできるだけ食べないようにします。コンビニ弁当などもできるだけ控えるようにし、ジュースは避けてミネラルウォーターを飲むようにします。薄毛の原因の一つに、ジヒドロテストステロンがあります。これは、テストステロンに5αリダクターゼが結合することで生成する物質になります。そのため、5αリダクターゼを抑制することができる大豆イソフラボンと亜鉛は、薄毛を予防する食事につながります。特におすすめなのは納豆で、大豆イソフラボンと亜鉛の両方を含んでいます。納豆が苦手な人は、豆腐の味噌汁がおすすめです。
豆腐の味噌汁なら、大豆イソフラボンをたっぷり摂取することができます。

植毛の相場と値段